ジョブトレーニング

 

簡単な作業を通じて、働く準備をします

●自分の適性を見つける
●職場の基本を知る
●コミュニケーションの練習をする
☆週2日(午前中)/一か月単位
☆参加は無料です

 

「サポステの講座で、報連相(ほうれんそう)が大切と言われたけど、他の人はどうやってるの?」

「職場で質問をする時は、いつ誰に、どんな言葉を選んですればいいんだろう」

こんな心配は、働く前には誰でもありますよね。実際に作業をして、コミュニケーションの仕方を教わりながら自分の適性を探り、働く準備をする、それがジョブトレことジョブトレーニングです。

ジョブトレーニングのコーチは人生の先輩たち。やさしくじっくり教えてくれます。

今までにジョブトレで行われた作業には、以下のようなものがあります。

●椅子やテーブル作り

●グリーンカーテン設置

●ピッキングや仕分け作業

●公園管理


【コーチさんの話も聞きます】


【グリーンカーテン設置の様子です】


【ピッキング練習用です】

【ガーデンテーブル。大作です!】


ここではある月の一か月間の作業例をご紹介します。

サポステスタッフから「幼児向けのイスをつくってほしい」という仕事の依頼がきました。
それを受け、以下のように作業を進めました。

1、コーチとジョブトレ生が相談し、品物のアイデアを出す

2、いくらかかるか計算する

3、資材を買い出し

4、製作開始⇒完成

5、納品

そしてこちらが、出来上がった作品です↓


【幼児用のイスです】

【こちらは、もっと小さな子用です】

こどもたちは大喜びしてくれました!

このように仕事の流れを体験するのがジョブトレ。その中で、職場で必要なコミュニケーションも身につけていきます。
大仕事のように見えるかも知れません。しかしやってみたら、あらびっくり。結構できるものです。
ジョブトレは練習です、失敗してもコーチさんが笑って教えてくれます。うまくいったら、みんなで喜びましょう!

これまで多くの参加者が、今まで考えてなかった仕事に向いていることがわかって、その適性に合った仕事に就いてます。やりがいのある長く続けられる仕事を探すために、ジョブトレに参加してみませんか。